tokusyu

vol.34 特集 天川村 住民の知恵で村づくり

 「天の国」「木の国」「川の国」、天川村。大峯山岳信仰の聖地として、村の東部に位置する洞川を中心に年間60万人の観光客で賑わいます。その一方で、人口の減少(※)が続いているのも事実。村では、2016年に「天川村創生総合戦略」をかかげ、地域活性化に取り組んでいます。「さとびごころ」ではこれまでも、バイオマスによる温泉事業のスタートや、林業の初心者でも参加可能な森林塾などを紹介してきました。
 そこには、村で暮らす人々のどんな悩みや希望があるのでしょう。今回は、村の中西部を中心に、地域づくりに取り組む人たちを訪ねました。

Powered by: Satobigokoro