vol.35(2018 autumn)はこんな内容です

今回から表示の仕方を変更しました。コンテンツから各ページへリンクしています。読みたい記事をクリックしてご覧ください。 さとびごころ vol.35(2018 autumn) [特集 農がつなぐ人と土] 05 ひとりでやらな …続きを読む

vol.34(2018 summer)はこんな内容です

> vol.34(2018 summer)特集はこちらからご覧ください。 > その他のページはこちらからご覧ください。 04 特集 天川村 村民の知恵で村づくり     05 車谷村長が抱く天川村の「これから」̵ …続きを読む

vol.33(2018 spring)はこんな内容です

> vol.33(2018 spring)特集はこちらからご覧ください。 > その他のページはこちらからご覧ください。 さとびごころVol.33 (2018 spring) 04 特集 住み継ぐ暮らしとまち     05 …続きを読む

vol.32(2018 winter )はこんな内容です

> vol.32(2018 winter )特集の内容はこちらからご覧ください。 > その他のページはこちらからご覧ください。 さとびごころ Vol.32(2018 winter) 表紙イラスト/伊藤 満 表紙取材地/生 …続きを読む

森とともに生きて まとめ

【アーカイブ】 奈良県の森について理解を深めたいと創刊号から20号まで連載された「森とともに生きて」シリーズをまとめました。古代から今までに至るわたしたちと森のかかわりについて様々は著者が寄稿してくださいました。奈良県も …続きを読む

編集部ブログ

編集部の近況報告です。取材のエピソードや、お知らせ、日々のできごとなどを綴ります。ローカルなリトルプレスマガジンの、ドタバタぶりをお楽しみください。 こちらからどうぞ!…続きを読む

ひとりでやらなくていい。あきらめない無農薬栽培。

【さとびごころvol.35(2018 autumn) 特集 農がつなぐ人と土】 ひとりでやらなくていい。あきらめない無農薬栽培。 杉浦英二さん(杉浦農園ガンバファーム) 取材 文 小原いおり(フリーライター)+ さとびご …続きを読む

農村地域は博物館!大人や子どもたちに農地の多様な価値を伝えたい

【さとびごころvol.35(2018 autumn) 特集 農がつなぐ人と土】 農村地域は博物館!大人や子どもたちに農地の多様な価値を伝えたい 美しい多地区の田園風景を楽しむ会 取材 文 阿南セイコ(さとびごころ編集部)…続きを読む

無農薬よもぎ栽培事業は、僕にとって偶然ではない仕事。【SATOBICO TIE UP】

【SATOBICO TIE UP】さとびごころ×ぷろぼの さとびごころに共感してくださる企業や団体といっしょに作るページです。     vol.35(2018autumn) 塚月聡一さん(社会福祉法人 …続きを読む

ルチャ・リブロ的土着人類学研究室

森の中の人文系私設図書館ルチャリブロ。さとびこころvol.27の特集でも紹介しました。キュレーターの青木真兵さんが言うところの「土着人類学」とは。若い人が今社会をどう見ているのか、どんな未来を求めているのか伝わってくる連 …続きを読む

《種生む花》

プロジェクト粟を進める三浦雅之&陽子さん夫妻から今生まれる新鮮な言葉を、夫妻と古くから友交のある阿南セイコが聞き書きしています。 三浦雅之&陽子     vol.35(2018autumn)#02 家 …続きを読む

《自然の声に耳をすませて》

vol.35(2018autumn)vol.2 秋の雨音 vol.34(2018summer)vol.1 夏の記憶…続きを読む

《地域ブランド大国ドイツ》

【《地域ブランド大国ドイツ》】 1871年に、何十もの邦国、都市国家を合わせて誕生したドイツは、地方色・都市色の豊かな国です。現在も「連」邦体制を採用し、地域性が強く、方言もかなり残っています。この連載では、食べ物から工 …続きを読む

《森とともに生きる》十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記

【《森とともに生きる》十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記】 村外山林所有者「山主」が、山林所在地の住民「山守」に森林の保護管理を委託した山守制度。その伝統がゆらぐ時代に、次世代山主が新しい「森とともに生きる」を …続きを読む

森のねんどの物語

【森のねんどの物語 森のねんど造形作家 みちやすの世界】 みちやすさんが森のねんどにまつわる場所を訪ねる連載です。 文 みちやす+編集部     vol.35(2018 autumn) 「捨てられない …続きを読む
Powered by: Satobigokoro