vol.35(2018 autumn)はこんな内容です

[特集 農がつなぐ人と土]     05 ひとりでやらなくていい。あきらめない無農薬栽培。 —-杉浦英二さん 小原いおり (フリーライター) 10 農村地域は博物館!大人や子どもたちに農地の多様な価値を伝えた …続きを読む

vol.34 特集 天川村 住民の知恵で村づくり

 「天の国」「木の国」「川の国」、天川村。大峯山岳信仰の聖地として、村の東部に位置する洞川を中心に年間60万人の観光客で賑わいます。その一方で、人口の減少(※)が続いているのも事実。村では、2016年に「天川村創生総合戦 …続きを読む

vol.34 (特集以外)

vol.34 特集以外の全ページがご覧になれます。…続きを読む

vol.34(2018 summer)はこんな内容です

04 特集 天川村 村民の知恵で村づくり     05 車谷村長が抱く天川村の「これから」—-車谷重高村長 神野武美 フリージャーナリスト 07 森林資源を生かした循環型経済へ 未利用の原木を生かすチャレンジ …続きを読む

森とともに生きて まとめ

【アーカイブ】 奈良県の森について理解を深めたいと創刊号から20号まで連載された「森とともに生きて」シリーズをまとめました。古代から今までに至るわたしたちと森のかかわりについて様々は著者が寄稿してくださいました。奈良県も …続きを読む

編集部ブログ

編集部の近況報告です。取材のエピソードや、お知らせ、日々のできごとなどを綴ります。ローカルなリトルプレスマガジンの、ドタバタぶりをお楽しみください。 こちらからどうぞ!…続きを読む

暮らしの自然療法

さとびごころ23〜29号まで連載された「暮らしの自然療法」が こちらでまとめて読めるようになりました。 なんとなく不調を感じるとき、薬や病院に頼る前に、自然の力や自然治癒力により安らぎや楽しさをもたらしながら癒すホームセ …続きを読む

家族野菜のある食卓

さとびごころ21〜32号まで連載された「家族野菜のある食卓」が こちらでまとめて読めるようになりました。 「大和伝統野菜」という言葉と概念の普及に大きく貢献された、三浦雅之&陽子夫妻にご協力いただき、小さな農から生まれる …続きを読む

vol.33 特集 住み継ぐ暮らしとまち

古いものを捨て、新しいものを取り入れるとき、失ってしまったら取り戻せない資源や文化まで捨ててしまうことはないでしょうか。古い町家や空き家は、家までも使い捨ててきた現代において、何を大切にしたいのかを問いかけてくれます。…続きを読む

vol.33 (特集以外)

vol.33 特集以外の全ページをご覧になれます。…続きを読む

vol.33(2018 spring)はこんな内容です

33号発売中。こんな内容です。 Vol.33 2018 spring 04 特集 住み継ぐ暮らしとまち     05 住み継ぐ暮らしってなんだろう。 マンション生まれ世代、町家暮らしに出会う。 【奈良町宿 紀寺の家(奈良 …続きを読む

vol.32 特集 地酒で味わう奈良

日本酒といえば、灘や伏見などが思い浮かびますが、清酒の発祥としては室町時代、奈良市菩提山町にある正暦寺で作られた菩提酛(ぼだいもと)という酒母が始まり。そんな伝統を懐に抱く奈良には、手間ひまをかけて旨酒を醸す数々の中小の …続きを読む
Powered by: Satobigokoro